医療保険

医療保険と生命保険の違いを教えて頂けないでしょうか。

保険ってわかりづらいですよね。

 

医療保険と生命保険の違いを解説します。

 

 

同じ保険でも大きく違います。

 

一番の違いは保障内容が異なります。

 

 

医療保険は、病気やケガで入院や手術をした場合、

 

入院給付金や手術給付金をもらうことができます。

 

 

生命保険を大きく分類すると、

 

主に3種類の保険にわけられます。

 

1)死亡保険

 

 死亡したときに、保障する保険です。

 

 ・保険料を支払っている間、保障する「定期保険」 

 

 ・一生涯保障する「終身保険」

 

2)生存保険

 

 生存している場合にのみ保険金が支払われます。

 

3)生死混合保険

 

 生きている、死亡の両方を一つの保険で保障します。

 

 ・死亡した場合に死亡保険金、満期を迎えた場合に、

 

  満期保険金がもらえる「養老保険」

 

 

どちら保険も役割が異なるので、良い悪いはありませんが、

 

あなたのおかれている状況、年齢、属性(学生、社会人)、

 

家族有無(奥さん、子どもがいる、独身)などで、

 

必要な内容が変わってきます。

 

 

医療・生命保険への加入をご検討されるのであれば、

 

是非、別ページのQ&Aや他の事例もご参照ください。