医療保険

医療保険に三大疾病保障は必要でしょうか。

医療保険だけでなく、万が一のことも考え、

 

三大疾病保障もすすめられます。

 

多くすすめられると、どれに入っていいか

 

わからなくなりますよね。

 

三大疾病保障が必要か解説します。

 

 

三大疾病とは、がん、急性心筋梗塞、脳卒中のことで、

 

約4割以上の日本人が三大疾病で亡くなります。

 

 

一般的な保険会社の三大疾病について、

 

注意点がいくつかあります。

 

 

三大疾病の細かい定義が、保険会社によって異なります。

 

例えば、以下のような事例があります。

 

・初期がん(上皮内新生物)や皮膚がん、

 

 加入後○○日以内の乳がんは対象にならない

 

 

・脳卒中について、医師の診断で○○日以上、

 

 言語障害や麻痺などと診断されたときに、

 

 給付金支払の対象となる など。

 

 

三大疾病を保障する保険に入っていても、

 

保障にならない場合があります。

 

保険も万能ではないので、まず、加入している、

 

加入する三大疾病保障で、何を保障するのか

 

知っておく必要があります。

 

 

一般的な病気やケガに対する保障を

 

優先的に考えられるのであれば、

 

医療保障だけで十分だと思います。

 

 

支払う保険料に余裕があり、

 

さらに、保障を充実させたいのであれば、

 

三大疾病を保障する保険に加入しても

 

良いかもしれません。