医療保険

医療保険で1入院の限度日数はどれぐらい必要でしょうか。

医療保険は、入院給付金の限度日数が設定されています。

 

1入院の限度日数には60日、120日、180日、360日、730日

 

1095日などいろいろあります。

 

限度日数を長くする=保障を厚くするということは、

 

その分保険料は高くなります。

 

 

限度額を設定する際に、注意点が1点あります。

 

一般的な医療保険では「180日ルール」があります。

 

退院後同じ病気で再入院した場合、退院から再入院までの日数が

 

180日以内の場合は1回の入院とみなします。

 

初回の入院から、181日以上あけない場合、

 

同一の入院とみなされ、保障されない場合があります。

 

 

例えば、1入院の支払限度日数60日の場合、

 

はじめに、30日間入院後、

 

180日以内に同じ病気やケガで2回目として40日間再入院すると、

 

全て1入院とみなされます。

 

合計70日入院しても結果、2回目の40日の再入院のうち、

 

後半の10日間は、支払の対象になりません。

 

 

この2回の入院が同じ病気やケガではなく、別々の場合、

 

別の入院として考えられますので、70日分が支払われます。

 

 

最近、平均入院日数は1入院約35日と言われ、短くなっています。

 

しかしながら、短期間入院を繰り返すことも増えてきています。

 

 

入院日数の制限を設定する場合は、長いほうが重宝しますが、

 

どこまで保障を確保するのか、割り切って考える必要があります。