医療保険

医療保険があれば、がん保険は不要でしょうか。

保険は難しいですよね。

 

医療保険やがん保険の違いはわかりづらいと思います。

 

その違いから、解説していきたいと思います。

 

 

そもそも医療保険とは、病気やケガなどが起きたとき、

 

入院保障や手術の際、給付金がもらえる保険のことです。

 

 

がん保険はそのなかでも、がんに特化した保険です。

 

医療保険の保障で対応できないので、がん保険が必要になります。

 

現在のがん治療の多くは、長期の入院を必要とせず、

 

短期間の入院と通院をメインに治療する場合が多くなっています。

 

 

 

がんのことが気になる、心配という方には、

 

医療保険をベースに、特約としてがん保険を追加するか、

 

別途、がん保険に加入することをおススメします!

 

 

 

がん保険を選ぶなら、がんと診断された時点で給付金が支払われる

 

タイプのがん保険、かつ、通院保障が充実したタイプがおススメです。

 

 

 

がん保険の注意点としては以下の2点があげられます。

 

1)「免責期間」が設けられている場合が多く、

 

加入してから○○日以上経過しないと保障が開始されません。

 

2)初期のがんを上皮内新生物と呼び、がん保険によって

 

対象にならない場合があります。

 

加入前に、初期がん(上皮内新生物)が対象か必ず確認しましょう!