医療保険

医療保険とがん保険どちらが必要でしょうか。

予算に限度がある場合、どちらを優先的に加入したら良いか

 

迷いますよね!

 

医療保険とがん保険について簡単に解説します。

 

 

 

多くのかたが、医療保険で対応できる病気やケガで入院されます。

 

がんで入院される方は、20%もいませんので、

 

どちらかを優先させる場合、まず医療保険に加入することを

 

おススメします。

 

 

がんの保障も必要な場合、医療保険の特約として

 

がん特約をつけることもできます。

 

注意点として、医療保険を解約すると、がん特約もなくなります。

 

 

資金に余裕があるのであれば、

 

医療保険、がん保険両方への加入をおススメします。

 

 

<おススメ順位>

 

1)医療保険のみ

 

2)医療保険+がん特約

 

3)医療保険とがん保険両方に加入

 

 

 

<医療保険>

 

病気やケガによる入院や手術を受けた場合、

 

入院給付金や手術給付金を受け取ることができます。

 

 

<がん保険>

 

その名の通り、がんに特化した医療保険です。

 

日本人20代〜80代の死因のベスト3にがんが入ります。

 

 

がん治療による入院期間は年々減っていますが、

 

治療には多くの費用や時間がかかります。

 

 

がん保険の特徴として、がんと診断された時点で

 

「診断給付金」が支払われます。