医療保険

医療保険を割引することはできるのでしょうか。その2

保険は人生で2番目に高い買い物だと言われています。

 

保障は大きく、保険料は安いほうがよいですよね!

 

 

保険をいかに安くできるか、割引方法について

 

解説していきたいと思います。

 

 

支払方法を変えると、保険料を安くすることができます。

 

基本的に保険料の支払は月払いです。

 

しかしながら、あらかじめ、まとめて支払をすると、

 

保険会社ごとに異なりますが、

 

それぞれの利率で割り引かれます。

 

 

例えば、

 

・半年ごとに支払う半年払

 

・毎年1回支払う年払

 

・保険期間の全保険料をまとめて支払う一時払

 

・将来の保険料を払い込む前納

 

などがあります。

 

もちろん、先に支払う分、保険料は安くなりますが、

 

万が一亡くなった場合、

 

返却しない場合がほとんでですので、

 

支払う前にカスタマーセンターでご確認下さい。

医療保険を割引することはできるのでしょうか。その2関連ページ

貯蓄があれば、医療保険はいらないと書いてあったのですが、本当に必要ないのでしょうか?
医療保険で、給付金を受け取ったのですが、医療費控除することはできますでしょうか。
医療保険で元を取ることはできますでしょうか。
医療保険を割引することはできますでしょうか。
タバコの喫煙有無で、医療保険の保険料は変わりますでしょうか。
医療保険で入院給付金を受け取った場合、申告する必要はありますでしょうか。
医療保険の請求期限はいつまででしょうか。
クレジット払いできる医療保険はありますでしょうか。
複数の手術を同時に受けたら、給付金はそれぞれもらえますか。
医療保険に入らない場合、どれぐらい貯金にまわしたほうが良いでしょうか。
複数の医療保険に加入していますが、給付金は各社からもらえますでしょうか。
手術給付金がでない医療保険もあるのでしょうか。
医療保険で受け取った給付金に税金はかかりますでしょうか。
医療保険はどうやって請求するのでしょうか。
医療保険の入院給付金はどれぐらいもらえますでしょうか。
1万円以内で入れる医療保険はありますでしょうか。
医療保険の保険料は一括払いにしたほうが良いでしょうか。
医療保険をクレジットで払うことはできるのでしょうか。
医療保険を途中解約したいのですが、どうしたらよいでしょうか。
医療保険は不要でしょうか。
医療保険は無駄でしょうか。
医療保険のボーナスはお得でしょうか。
保険料の支払いが負担になった場合、どう見直したほうが良いでしょうか。